FC2ブログ

スリランカ完結編

スリランカ完結編

2016-1-24シギリヤ+

こちら、有名なシギリヤロック

自分の父親を殺し王の座についた狂気の王カーシャパは、
弟の復讐を恐れてこの大きな岩の上に城を築きました。

2016-1-24シギリヤ2+

岩の上へに行くには、こんな階段を昇っていきます。

2016-1-24シギリヤロック頂上から+

岩の頂上。
こんなところにどうやってお城を築いたのでしょうか。

2016-1-24シギリヤロック頂上王のプール+

王のプールには、今も水が湛えられています。

しかし、上り下りするのも大変なこの岩の上で、
父を殺したカーシャパは何を思っていたのでしょう。

つづいてこちらは、ポロンナルワ。

2016-1-24ポロンナルワ3+

町一つ分というような広大な土地に遺跡が点在しています。

2016-1-24ポロンナルワ遺跡内の牛と鷺+

遺跡内には、牛もサルもいます。

2016-1-24ポロンナルワ石に彫られた古代文字+

石に刻まれた古代文字。

こちらは、移動中に見たゾウ除けの柵。
2016-1-24ゾウ除けの電柵+

2016-1-26ゴールにてパイナップルのフリッター+
いきなりですが、パイナップルのフリッター。

ゴールにてレトロなベンツ+

南のゴールで、レトロなベンツ発見。

2016-1-27インド洋+

インド洋。結構波が高かった。
丁度満ち潮で、見る見るうちに波が迫ってきました。

2016-1-27アぺガマ3+

最後に寄った「アぺガマ」
スリランカの村の暮らしを再現しています。

おしまい。

さちこ
スポンサーサイト



スリランカ2

スリランカの旅の続きです。

ダンブッラ 洞窟内+

アルヴィハーラも石窟寺院ですが、
こちらダンブッラはスリランカ最大の石窟寺院です。
五つの石窟があり、それぞれ作られた時代が違います。
写真は、一番古い第1窟の内部です。
どの窟も一面の色鮮やかな壁画と仏像があり、圧巻。

ダンブッラ涅槃像+

涅槃仏。
同じような涅槃像で、ただ眠っている寝仏もあります。
見分け方は、写真のように上にある右足が少し後ろにずれている方が、
涅槃物だそうです。
もう一か所、涅槃仏は枕がへこんでいますが、
寝仏は、頭を載せている枕にへこみがなく真っ直ぐです。

ミヒンタレー岩山+

こちら、ミヒンタレーの岩山。
寺院の中なので、裸足で上ります。

2016-1-23ミヒンタレー巨大おひつ+

巨大なおひつ
二千人の僧侶がいたそうです。ここにご飯を入れていたんですね。

ミヒンタレー巨大スープ入れ+

こちらは、巨大なスープ入れ。
手前の平らな部分でスパイスをすり潰し、スープに入れたそうです。
おひつもスープ入れも、ちゃんと洗えていたのかなぁ・・・。
そこんところが気になります。

アヌラーダプラ3+

つづいてこちらは、アヌラーダプラ。
どこの遺跡にも、お猿さんが沢山。

アヌラーダプラ2+

アヌラーダプラ。
象が沢山。

2016-1-23アヌラーダプラ参拝する人2+

丁度満月の日で、アヌラーダプラには大勢の人々が参拝に来ていました。
あちらこちらで祈りを奉げていました。

つづく。

お米はまんまるファーム

スリランカ

旅は毎回内容が濃すぎて書ききれないので、
紹介せずにいることが多いのですが、
今回のスリランカの旅は簡単にですがご紹介します。
予想以上に楽しく、沢山の遺跡と美味しい食べ物、
そして美味しいビール。
是非また行きたい国です。


2016-1-18スリランカ行きの機内食1+

機内食から心はスリランカへ

2016-1-19陶器のお店+

道路を走っていると、こんな素焼きのお店が沢山。

2016-1-20キャンディのマーケット+

キャンディという町のマーケット内 スパイスの店。

2016-1-20キャンディのマーケット2+

マーケットの建物の外側にも沢山のお店が。

2016-1-21ペーラーデニヤ植物園2+

総面積5.6㎢という、ペーラーデニヤ植物園。

2016-1-21酒屋+

いきなりですが、酒屋さん。
自由に買えないようになってます。鉄格子とは・・・。
しかし何度か利用して、

2016-1-19ホテルにてビア三昧+

ホテルでビア三昧。ん~っ!おいしい!

2016-1-22アルヴィハーラの地獄絵+

こちらは、紀元前1世紀に建てられた仏教寺院 アルヴィハーラ。
石窟内の壁画。ここには色んな地獄絵が。

2016-1-22アルヴィハーラでパピラに文字を彫ってくれているおじさん+

パピラというヤシの葉で作った紙に文字を彫ってもらいました。

ナーランダ+

ナーランダ。小さな遺跡。
人が殆どいなくて、静かで落ち着いています。
また、
すぐそばを川が流れていて非常に居心地の良い場所。
こういう所が、より印象深く残ります。

つづく。
今回はここまで。

さちこ
お米ならまんまるファームhttp://www.manmarufarm.com/

ビア三昧

ご無沙汰しています。

先週は沢山ビールを飲みました。

beer2+.jpg

beer3+.jpg

beer4+.jpg

beer5+.jpg

minagof beer+

minagofにて+

ハイビスカス+

ビールを飲んで元気いっぱい

さちこ

インドネシアの旅~其の4~

030タワンマングの滝
チャンディ スク(スクー寺院)の近くにある、
滝とお猿さんで有名なタワンマングです。
地元の人たちが、大勢避暑に訪れていました。
滝のそばに行くと、飛沫がかかって気持ちよいです。

032タワンマング入り口
滝への入り口です。
ここらか滝のある方へ、長い階段を下りて行きます。

026タワンマング 乗馬用の馬
タワンマングには、乗馬用の馬が沢山繋がれていました。

027タワンマング 馬
糞を道に落とさないよう、皮の袋が下げられています。

003グデ市場1
ソロ市内のグデ市場。
食料品や家庭用品など沢山の物で溢れていました。

006グデ市場2
グデ市場。

018イモギリへ行く途中山道で
ソロを出まして、
ジョグジャカルタの15kmほど南にあるイモギリにやって来ました。
ここには王家のお墓があります。
その、イモギリへ行く途中の山道で出会ったおじさんと牛とヤギ。

011ある日のランチ2
ある日のランチ。とにかく美味しかったです。

026パラントゥリティス ビーチ
イモギリから更に南下したパラントゥリティスビーチ。
砂浜では、馬車に馬にバギーまでもが走り回ってたいそう賑やか。
人々のエネルギーを感じました。

034パラントゥリティス サンセット
ボロブドゥールでサンライズに立会い、
最終日は、パラントゥリティスでサンセットを見ました。
帰りたくなくなるような、綺麗な夕日でした。

これで、この度は終わりです。
長い間、ありがとうございました。

 
リンク
参加してます
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

まんま~る

Author:まんま~る
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード