FC2ブログ

秋の終わり、冬の始まり

ブログを2週間お休みしている間に、
あちこち動き回って、楽しいことが沢山ありました。
色々あると、かえって何も書かなくなってしまいますね。

今日は、12月5日の「まんまるだより」から。
* 「まんまるだより」とは、毎週お米と共に送る便りです。


 まんまるだより     2014年 12月 5日  

              ~ 秋の終わり、冬の始まり ~

3月下旬、田んぼの肥料散布が始まり、
ここから今年の米作りがスタートしました。
作業の一つ一つを全て書くと長くなるので省きますが、
新米が出来るまで長い長い道のりでした。
毎年同じ時期に同じ手順で作業が進むわけですが、毎年同じ気象条件はなく、
稲の生育も違えば、雑草の生え方も違います。機械の故障も出てきます。
もっと言えば、
アイガモを含め、動物たち(野生)もどんな行動に出るか分からないので、
毎年新しい予想外の問題やハプニングがあります。
そういう出来事に会う度、驚いたり落胆したり翻弄されたりしていますが、
逆に自然に癒され、励まされながら、今年も無事目出度く新米が出来ました。
 
藁立て2
 ①

藁カット2
 ②

秋耕し
 ③    
稲刈りの終わった田んぼは、写真①のように藁を立てて乾かします。
乾いたところで、軽トラに積み込んで畑に運び、
写真②のようにカッターで細かくカットして畑に撒きます。畑の土づくりです。
そして、藁を運び終わった田んぼと片づけをして藁を撒き終わった畑は、
耕うん(写真③)して今年のシーズン終了です。

考えてみれば、田んぼも畑も、表面をガリガリ引っかかれたり、
苗を植えられたり、支柱を打ち込まれたり、
水を張られたと思ったらカモが泳ぎ出したり、
春から秋まで何かと騒々しかったと思います。
シーズンの終わった今は、
田畑も私たちと同じように安堵と開放感を味わっていることだと思います。
今シーズンもありがとう。また、来年もよろしく

田畑の片づけが終わり12月に入ると、強い風と共に寒波がやって来ました。
東北では既に積雪が1メートル程もある所もあるそうで、
雪の多い地方にとっては、長く大変な季節に突入してしまったものだと思います。
こちら佐久の冬は、
晴れて空気が澄み渡っていますが、とにかく寒くて乾燥しています。
1月2月の真冬には、朝の最低気温がマイナス10℃以下に下がる日もあります。
20年前長野に来た時は、3月でしたが、夜は寒さで寝られませんでした。
標高が高く湿度が低い佐久は、1年を通して一日の寒暖の差が大きい所です。
そして、大きな寒暖の差が、美味しいお米や野菜を育ててくれます。

佐久の気候に育まれたまんまるファームの今年のお米を、
どうぞご賞味くださいませ。
   さちこ

おまけ
  瓢湖 白鳥
こちら、新潟県阿賀野市にある瓢湖。
初めて行って来ました。
既に沢山の白鳥が飛来していて、
湖面は、カモとオオハクチョウ・コハクチョウで埋め尽くされていました。
すっスゴイ    

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

リンク
参加してます
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

まんま~る

Author:まんま~る
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード